Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『メガゾーン23』から「アニメの読み方」を考える

私は、アニメが好きだ。

ドラマがあり、恋愛があり、冒険があり、戦争があり、サスペンスがあるアニメの懐の広さと実在する全ての風景を抽象化して心象を画面に作りこむことが出来るアニメの力強さが大好きだ。

中高生くらいの時は、アニメさえあれば何もいらないなと本気で思っていたし、今でも何処かでそう思っているのかもしれない。

大好きなアニメのことがもっと知りたいと常々思い、年度明けくらいからアニメ評論家の藤津亮太さんが主宰している「アニメを読む」と言う講座に参加している。
http://www.asahiculture.com/LES/detail.asp?CNO=216681&userflg=0

講座の内容は、テーマとなる作品に対して、基本データ、作られた背景、構成をひも解き、その作品がいったいどんな作品だったのか読み解く講座となっている。

9月の講座のテーマは、『メガゾーン23』だ。

有名な作品だが、なかなか見る機会に恵まれなかった作品と言うこともあり、そろそろ藤津さんの実施しているアニメ読み方を自分でも実践してみたくなり、下記の予習メモを作ってみたのだが、なかなか上手いこと行かない。

【アニメを読む 予習】メガゾーン23 PART I
URL

どういった背景で『メガゾーン23』が作られたかは、インタビュー記事等で何となく分かった気になったのだが、「『メガゾーン23』とは?いったい何だったのかを!?」を自分の中で上手く定義付けすることが出来ない。

『メガゾーン23』リリースされた1985年に自分が生まれておらず、時代背景が良く分からないから上手く読み解けないのか?なぜ上手く読み解けないのか?をウダウダと悩みながらネットサーフィンをしていた所、下記の記事を見つけた。

>1000ページの辞書を通して読む人はいないが、1000ページの小説なら読めるのはなぜか。数年前の授業の内容は思い出せないのに、映画の内容ならば鮮明に覚えているのはなぜか。

それは後者にストーリーがあるからだ。

私見だが、人間はストーリーを伴った情報に敏感であるようにできている生物なのだと思う。日本神話やギリシャ神話がストーリーとして語り継がれたことも、聖書が教訓の羅列ではなくストーリーとして書かれたことも、この人間の特性に理由があると思う。同じ情報でも、ストーリーを伴う情報のほうが、伝わりやすく、記憶されやすいのだ。

ならば、プレゼンテーションや論文、企画書、報告書など、あらゆる場面において、この人間の特性を利用しない手はない。つまり、情報にストーリーを伴わせるのだ。


弱者の兵法:英語下手が英語圏で勝ち抜く策 MITの試行錯誤で見つけた、英語力の磨き方(上)(東洋経済オンライン) - goo ニュース http://toyokeizai.net/articles/-/13567?page=3

そうか!自分の『メガゾーン23』に対する読解には、ストーリーが無いから上手く書けないのか!
『メガゾーン23』について、誰に、何を伝えたいか定まっていないから上手く書けないのか!

なぜ、『メガゾーン23』について自分が上手く書けなかったのかは分かったが、『メガゾーン23』の何を人に伝えたいのかは未だに形に出来ないでいる。

藤津さんの講座までに何か1つ見つけたいなと思う。

私の姉は、今日で29歳になる。

私の姉は、今日で29歳になる。

私の幼い頃の思い出は、姉にパシリにされたり、姉からの理不尽な暴力に耐え続け母親に泣き付く光景ばかりである。

今でも私が見る悪夢は、実家で姉に追い掛け回されたり、理不尽な暴力を受ける内容ばかりである。

そんな勝ち気で暴力的な姉は、そこそこ顔が良く、胸が平均よりも少々大きかった為か、学生時代に告白される事が多かったそうだ。

下駄箱に入ったラブレターで呼び出されてみれば、持ち前の勝ち気な暴力性を発揮し、告白してきた男を言い負かして追い返し、ゼミの飲み会で酔い潰しに掛かって来た男を逆に酔い潰しては、帰宅後に寝ている私を叩き起こして武勇伝を朝まで語り続けるのだ。

卒業後は、某官公庁向けに大口の仕事を貰っているシステム会社の子会社に勤め、若き暴君として社内や親会社の担当者を手懐けて実績を上げているそうだ。(姉談)

名実共に仕事一直線となった姉は、順調に行き遅れ街道を走り続けた。

姉を理解出来るのは、幼い頃から暴力や理不尽に耐え続けた自分しかいないだろう。
呆れ半分、もう半分は本気で思っていた。


そんな姉が29歳の誕生日。
今日、籍を入れたと突然聞かされた。


相手は、昨年から仕事上で付き合いのある外注先の男だそうだ。

久しぶりに会った姉は、私の記憶の中にある顔つきとは少し異なっており、
目付きが心なしか柔らかくなっていて、少し化粧が濃くなったなぁと思った。

そんな幸せそうな姉の顔を見て、私にとって一つだけ、ただ一つだけ心残りな事があるとすれば、


そんな姉は実在しないと言う1点に尽きる。


弊サークル『超電磁弾痕』近状について

皆様、夏コミお疲れ様でした。

私は、初日に企業TBSブースの暴動騒ぎに遭遇したりと、なかなかにファンキーなコミケとなりました。

さて、
弊オーディオドラマサークル『超電磁弾痕』ですが、冬コミ以降なかなか活動が出来ておりません。自分に鞭を打つ意味でも週1くらいは近況を報告とかチョイ出しのコンテンツを出したいなと言った方針です。

・「M3 2013秋」について
サークルカットの申請を忘れて落ちてしまいました。(あびゃー!
「M3 2013秋」向けに作成していた作品を冬コミ合わせにし、締め切りを延ばしてクオリティアップに励んでおります。

・「冬コミ」について
M3の反省を生かして既に申し込みを完了させました。
落ちると「M3春」が直近になるかなと思います。

アニメ関連ガールズトーキングオーディオドラマ『アニメマンショー』はチョット置いておいて、短編でオマージュだらけになりそうですが、話を1本書いてみるつもりです。

あと、1本小ネタを動かしていますが形になると良いなぁと言った感じでございます。
サークルカット_カラー

「声優の結婚を考える表」の今後の運用について

下記URLにて編集権フリーに致しましたので各々で好きな様に編集頂いて問題御座いません。

声優の結婚を考える表
https://docs.google.com/document/d/1nqMVTKXGKT0F2v3j4q-aqYN42kvtFrTH84WgjqPWCB4/edit?usp=sharing

以上、よろしくお願い致します。

僕の考えた『革命機ヴァルヴレイヴ』最終回

◯僕の考えた『革命機ヴァルヴレイヴ』最終回

・アバン
喪服で墓に花を置く腹ボテのサキ。
サキ「あんたって人は、何時だって自分勝手で無茶苦茶。死んだら私、一生あなたに勝てないじゃない。」
風が吹きサキの帽子が飛ばされる。
飛んでいった帽子を見つめるサキ。

・OP

・Aパート
侵入した敵兵と白兵戦。
練度の低い学生達は次々に突破される。
占拠される学長室。
人質となるショーコ。
ショーコが人質となったと聞き急いで戻る主人公。
サキ告白の返答出来ず。
ショーコとヴァルヴレイヴを交換だと敵兵に持ち掛けられるハルト。
ハルトが交換に応じるつもりならショーコを射殺するつもりのエルエルフ。
姫様直下の戦艦登場。
姫様直下の戦艦の攻撃によりコロニーが爆発で揺れる。
揺れた隙を付いてエルエルフの銃を奪うショーコ。
ショーコ「父さんと最後に約束した。後ろを向かない、前を見る。もう、自分の所為で誰かが死ぬなんて嫌だ。私が死ねばハルトは戦えるよね?サキちゃん。ハルトとみんなをお願いね。親友同士の約束だからね。」
エルエルフから奪った銃でショーコ自害。
悲しみの余り、赤いのが発動するハルト。
敵兵、エルエルフに襲い掛かる。
姫様がエルエルフに戻るようにとの放送。
覚醒したハルトと対峙し、脱出を試みるエルエルフ。
闘いながら移動。
上手い事、ハルトを気絶させ、コロニーに格納されていた戦闘機でエルエルフ離脱。
正気に戻ったハルトがショーコの遺体に気が付く。
錯乱したハルトは、エルエルフがショーコを殺したと思う。
ヴァルヴレイヴに乗り込みエルエルフを追うハルト。


・Bパート
月上陸直前。
大規模な敵軍の反抗。
ハルト「何故、お前が付いていながらショーコを助けられなかったんだ?」
追うハルト、逃げるエルエルフ。
ヴァルヴレイヴに追いつかれる。
戦闘。
戦闘の末に宇宙空間に投げ出されるハルト、爆発しないまでも大破する戦闘機。

泣きながらハルトが何処に行ったか探すサキ。
サキ「私、まだ。まだ告白の返事して無いんだからね!」
(ED曲が流れる。下にテロップ)

月軍の助けが来る。
撤退を余儀なくする敵軍。
月に到着し喜ぶ者。
白兵で死んだ者を悲しむ者。

2期の映像が軽く流れる。
映像から考えるに、もしかして舞台は200年後。。。?

◯所感
 昨日の飲み会で行った「各々の僕の考えた『革命機ヴァルヴレイヴ』最終回」が大盛り上がりした。
飲み屋の与太話として消えゆくのも何か勿体無いなぁと思ったのでメモ的に記載。
何とか関西の放送前に掲載したかったので、誤字に乱文、読みにくい部分に関しては何時もの事とは言えご容赦頂きたい。

 個人的に今期のテレビアニメーションで一番ワクワクしながら見ている『革命機ヴァルヴレイヴ』。
本作は、監督である松尾衡氏の作品でよく見られる感情の乗った台詞やシリーズ構成大河内一楼氏が『キングゲイナー』、『コードギアス』で見せた二人の少年を中心とした子供と大人の対峙を描く作劇、様々なサンライズ作品のオマージュ、私の好きな物がいっぱい詰まった作品である。本作も早いもので、残す所あと1話で一旦の区切りとなってしまう。私に何を見せてくれるか、私を何処に連れて行ってくれるのか今から非常に楽しみである。

Appendix

プロフィール

機長

Author:機長
機長 ◆JAL/00MK6c

Twitter...

機長 Reload

Flickr

www.flickr.com
kityou00's items Go to kityou00's photostream

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。